ドッグレスキューしおんの会🐕   

北海道の浜中町で捨て犬や迷い犬・野犬が産んだ子犬など野生化しないよう保護し、飼い主を探す活動を行っているNPO法人ドッグレスキューしおんの会のブログです

人馴れケア中の保護犬「福まめ(愛称 福ちゃん)」のご紹介🌷

福まめは、2021年11月23日に浜中町内の酪農家さんの敷地内で捕獲され、翌日当会で保護した推定1歳のオス犬です。

現在、ゆっくり人馴れケア中です。

節分の日から福ちゃんは、背中や頭も撫でられるようになりました✨

実は福まめは着せていたハーネスも首輪も自分で脱いでしまって、首輪もリードもついていない状態が続いていました💦💦

以前は触ることができなかったため困っていましたが、少しずつ触れるようになってきましたので2月5日に口輪をつけ、首輪とリードをつけることができました。

さすがにドキドキしました💓😂 一安心です。

噛みちぎられないように鎖をつなぎたいところですが、金属がぶつかる音を嫌がるので、ワイヤーのリードをつけました。

普段はおとなしい子ですが、暴れるととても力の強い子なので、驚かさないよう気をつけて接しています。

撫でられるようになり一歩距離が縮まったかな?😊

これからもっと人と仲良くなろうね✨

福という会名の保護犬が過去にいたことに気づき、名前を「福まめ」と改めました。

変わらず福ちゃん、と呼んでいます。

ぜひ、保護犬 福ちゃんの動画もご覧ください☆

 

 

人工的なものを警戒し、毛布にも座ってくれなかったので、仕方なく藁を敷いていましたが、最近ようやく毛布に慣れてきてくれたようです👏

そっとなら背中や頭を撫でさせてくれます。 が、迷惑そうな表情です😅💦

福まめは、倉庫の中に置いてあったドッグフードを食べに入っているところにたまたま酪農家さんが出くわし、保護されました。

保護される前に、人から直接餌をもらっての餌付けができていなかったため、なかなか人馴れに時間がかかっています。

毛布に座れるようになったので、今度はクレートに慣れてもらいたく、部屋の中にクレートを入れてみました。

福まめのよくいる所から遠いところにまず置いて、日数をかけて徐々に近づけていく作戦です。

 

 

福ちゃんは、以前より顔つきが優しくなりました。

少し人に慣れてきたようです😊

初めて会ったボランティアさんからおやつをもらい、撫でてもらいました✨

ジャーキーをよく噛んで食べるのが可愛くて、思わず笑ってしまいます。

福ちゃんは、えっ何で笑うの??という表情で、ますます可愛いです🥰

 

 

5月9日に病院に連れて行って混合ワクチンを接種し、犬舎をこれまでの個室から他の犬たちもいる犬舎へ引越しました。

(保護した当初、保護犬が多数いて犬舎が満員でした)

福ちゃんにクレートに入るようになってほしいと思い、寝床の近くにずっと置いてあったのですが、一向に入ってくれず😢

仕方ないのでコンパネ板で囲い、リードを引っ張ってクレートの中に入ってもらいました。

念のためクレートをガムテープでぐるぐる巻きにして車に乗せて行きました。

病院へ行く途中、福ちゃんはクレートの一部分を壊しました💦💦

テープでグルグル巻きにしていたので無事に病院に到着。

ワクチンは、車の中でクレート越しに注射していただきました。

犬舎は元酪農家さんの牛舎をDIYでブースを区切って作ってあります。

お隣には保護犬のルーがいて、反対側のお隣には保護犬 零花と優花がいます。

翌日と翌々日の映像です。

福ちゃんは前の犬舎で何度も脱走をはかり、壁やらなにやら色々と破壊していたので💦ちょっと心配でしたが、意外と落ち着いています。

他の犬たちがいるのがかえっていいのかもしれません。

福ちゃんはちゅーるが好きなので、ちゅーるで仲良くなる作戦です✨

ルーがピーピー鳴いていて、うるさくてすみません💦