しおんのわんころもち

北海道厚岸郡浜中町を中心に捨て犬・迷い犬・野犬(子犬)の保護と譲渡や動物愛護に関する啓発活動などを行っているNPO法人のスタッフブログです

お手紙を送って下さった方へ

こんばんは☆

昨日、お手紙が届きました

オークリーやポテの動画を通じて当会を知り
ブログや動画を観て頂いているとの事、有り難うございます🍀

お手紙を読み、あなた様は犬猫が大好きで心から幸せを願っていること
愛情が深い分、辛い思いをしている犬猫の存在に胸を痛めていることが文面からひしひしと伝わってきました

外飼いの犬のことですが
北海道では札幌などの都市部は室内で飼っているお家が多いようですが
地方では外で飼っている方が多いような気がしています

わが家の子たちはみな室内で飼っていますが
アケボノとモリオ兄弟は室内よりも外にいる方を好みドックランで過ごしたがります

また、私がよく散歩に行っているH牧場さんの愛犬ゴンとオリオン(当会の保護犬でした)は外で飼われていますが
2匹は幸せと思っております

今、酪農家さんは一番草の刈り入れで凄く忙しい時期ですが
どんなに忙しくてもHさんは牧草地の3分の1を使用して作った広いドッグランで朝晩2時間ずつ遊ばせた後で散歩もしてあげています

また、牧草の収穫をするまで酪農家さんは肥料を散布するなど大変な労力と費用をかけていますが
その牧草をエゾ鹿が食べるという被害がありゴンとオリオンは番犬の役目もしています

室内に居てもたくさん運動が必要なのにケージの中ばかりという子を保護した事もあり
室内で飼われている犬が必ずしも幸せとは思えないのです

保護犬に飼い主さんを決める時は室内か外で飼うかを必ずお聞きしていますが
飼い主さんには室内飼いを限定してはおらず
大事なのは犬への思い、愛情と責任と思っております

犬の幸不幸は飼い主さんで決まります
保護した子たちの一生を背負う覚悟で飼い主さんを決め信じて譲渡していました

縁があって出会った子たち
一匹一匹の気持ちを大切に幸せを願い私達が出きる限りの活動を続けていきたいと思っておりますのでこれからも宜しくお願い致します

私達への気遣いのお言葉を連ねたご丁寧なお手紙を頂きましたが
あなた様の宛名が分からずこのような形でお返事を掲載しました事をお許し下さい

色々と有り難うございました
どうぞ、お体に気をつけてお過ごし下さいね


6月21日 代表*福澤 智子



f:id:zion_hamanaka:20190621012916j:plain

f:id:zion_hamanaka:20190621013048j:plain

f:id:zion_hamanaka:20190621013439j:plain

f:id:zion_hamanaka:20190621013535j:plain